本文へ移動

採用メッセージ

ご応募いただく皆様へ

人の輪が大きければ大きいほど、良い企業となる。
 
当社は全国でも多分珍しいであろう、「業務用を主体営業としている蒲鉾屋」です。運河とガラス、お寿司が有名になりました「北海道小樽市」に所在します。
 大正10年に創業、昭和36年に法人設立しています。創業時は創業者植田俊一の名字を店名として、「植田商店」でした。昭和36年法人設立を機に「大和水産株式会社」としています。創業者植田俊一は、「人と人との和を大切に、その和が大きければ大きいほど良き会社になるであろう」との願いがこめられた社名です。北海道所在でありますが、主要商圏は、東北、関東、東海、関西などで、北海道所在の様々なハンディーを冷凍流通することで、品質の安定を図るものです。又2018年6月には、JFS-B適合によりHACCPの取得が叶いました。弊社の営業戦略の主軸は、OEM式受注を取り入れていることも珍しい戦略の一つです。ここも一般的な蒲鉾屋の営業戦略と違うところです。もしかしたら、知らずに皆さん、弊社の商品を御召し上がり頂いているかもしれませんね。
代表取締役社長 小松義幸

求める人物像

●自ら率先して話が出来る「対話力」のある人

同僚はもちろん、先輩や後輩、上司とも話しが出来なければ良い仕事は出来ません。そこから、将来的には商品の販売先である各ユーザーや、資材や原料メーカーとの取引に関わるやり取りが出来るような人材を求めています。
 

●「柔軟性」をもって業務を遂行できる人

当然ですが、最初は誰しもが何もできないものです。そこから、徐々に仕事を教えてもらい、仕事が出来るようになります。仕事は立場が変われば見方が変わる部分があるので、教え方も人によって変わることもあります。そこは柔軟に対処し、まずは仕事を覚えてしまいましょう。仕事を理解し、覚えてしまえば、先輩や上司の言うこともわかってきます。
 

●積極的にコミュニケーションが取れる「外向性」のある人

作業をするうえで、他者とのコミュニケーションを取れることは非常に大切なことです。良い作業というのは一人だけで行えるものではありません。周囲との協力関係の中で多くの成果を上げることが出来るものです。挨拶がしっかりできる、わからないことをハッキリと聞くことができる、自分の思いを相手に伝えることができる、簡単なようで難しいことですが、これも立派なスキルと言えます。最初は上手にできなくても、積極的にコミュニケーションを取ろうとする人材を求めています。

採用実績

採用人数
2017年:2
2018年:2名
2019年:4名
スタッフ数
81名(2019年1月1日現在)
平均年齢
37歳(2019年1月1日現在)
平均勤続年数
10年6ヶ月(2019年1月1日現在)
有給休暇の
平均取得日数
有給付与20日に対し5日取得(前年度)

職場の様子

社内研修風景年に数回、社員全員参加での研修をおこなったりもします。
社員休憩室
従業員の皆さんはここで食事をしています。
会議室ここで会議を行ったり、新人研修を行ったりしています。
社内勉強会の様子
大ワ大和水産株式会社
〒048-2671
北海道小樽市オタモイ3丁目8番2号
TEL.0134-26-0001
FAX.0134-26-2557
1.調理冷凍食品
2.魚肉練り製品
3.調理用すり身 製造
TOPへ戻る